インターナショナル・スクールと1条校

<<国際バカロレアとは?

国際バカロレア認定校への入学を検討するうえで、インターナショナル・スクールと1条校の違いを理解しておく必要があります。なお、IBJPN.comでは、学校教育法の第1条に掲げられている教育施設を1条校と呼び、1条校でない方をインターナショナル・スクールと呼びます。

インターナショナル・スクールとは?

インターナショナル・スクールは特段の法的定義のない呼称で、各種学校の一つです。したがって、自由標榜でインターナショナル・スクールと名乗ることはできますが、一般的には「主に英語により授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設」とされています。

インターナショナル・スクールでは、海外大学への進学をサポートするために、IB(国際バカロレア)以外にもWASC(米国・西部学校大学協会)、CIS(英国・インターナショナルスクール会議)、ACSI(キリスト教学校国際協会)といった評価団体の認定を取っているところもあります。

インターナショナル・スクールは、学習指導要領に準拠する必要がないため、自由にカリキュラムを組むことができます。

1条校とは?

1条校とは、「学校教育法の第1条に掲げられている教育施設」で、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学・高等専門学校が該当します。

国際バカロレア(IB)認定された1条校は、学習指導要領に準拠しつつIBのプログラムをこなす必要があります。

 インターナショナル・スクールと1条校の違い

国際バカロレア(IB)のプログラムに関しては、インターナショナル・スクールと1条校に違いはありません(カリキュラムに柔軟性があるので、学校間の違いはあります。英語中心のDPか、日本語中心のDPかの違いもあるでしょう)。海外大学受験に関しても違いはないと思われます。

問題は国内大学を受験する時です。外国人や帰国子女を受け入れるための特別入試を実施している多くの大学では、国際バカロレア(IB)のディプロマも受験資格の一つにしてます。しかし、あくまで外国人や帰国子女向けで、国内のインターナショナル・スクール出身者等には適用されない場合があります。

この点、1条校は学校教育法第1条に基づく学校なので、仮にIBディプロマが取得できなくても、国内大学を一般受験できます。また、国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)に認定されたインターナショナル・スクールなら、国内大学の一般受験が可能な場合があります。

いずれにせよ、せっかくIBのディプロマを取得するなら、その価値を活かしたIB入試で大学受験するのが望ましいでしょう。IB入試を実施している大学は次の通りです。

https://ibjpn.com/ib入試実施大学/

また、私学助成を受けられる1条校と受けられないインターナショナル・スクールとでは、一般的に前者の方が学費は安いです。

まとめ

現状、幅広い選択肢があるのが1条校ですが、下記にあるように、数が少ないのは否めません。政府の国際バカロレア認定200校計画は、自ずと1条校が中心となりますから、徐々に改善されていくでしょう。

https://ibjpn.com/国際バカロレア認定校/

 

参考情報